FAGA(女性男性型脱毛症)

FAGA(女性男性型脱毛症)が近頃増えている原因とは?その対策法について

 

最近、薄毛や脱毛などの症状を起こす「FAGA」が注目されているのをご存知ですか?
今回、こちらの記事では最近良く耳にするFAGAについての解説をしています。

 

近頃、女性の薄毛症状として注目されているFAGAは正式名称では「女性男性型脱毛症」

 

中高年の女性に発症しやすく、年齢を重ねると髪のボリュームが減るのはFAGAが影響していると言われています。
もし、中高年の女性で現在薄毛や脱毛症状があるなら、FAGAが原因になっているかもしれません。

 

薄毛、脱毛といえば「男性が悩むもの」というイメージが強いですが、女性の悩みとしても深刻な問題になっています。

 

 

 

FAGAってどんな症状?

 

薄毛、ハゲは男性に多く見られる髪・頭皮のトラブルです。
ハゲ方には主に2種類あります。

 

・サザエさんのお父さんの波平さんのようなてっぺんがハゲる
・前髪が後退しオデコが広くなるタイプのハゲ

 

このようなハゲ方は男性型脱毛症の特徴で、髪の悩みを持つ男性の9割が悩んでいる症状です。
男性ホルモンのテストステロンが活発になることで起こると言われています。

 

まだ薄毛症状がハッキリ出ていない男性も、このような2つのパターンのハゲ方をしだしたら要注意。
間違いなく「男性型脱毛症」です。

 

 

女性は男性よりもホルモンの関係で薄毛症状が出にくく、ツルツルになってしまうことはありません。
しかし、男性型脱毛症と同じメカニズムのFAGAにより髪の毛が全体的に薄くなり、分け目がくっきりしたりヘアスタイルが決まらないなどの悩みにつながります。
FAGAは若い年代ではほとんど起こりません。
症状が出るのは40代、50代以上の中高年の女性です。

 

年齢を重ねて髪の毛のボリューム、髪の分け目が気になりだしたらFAGAの可能性があるので、FAGAの対策を真剣に考えていく必要があるでしょう

 

 

 

FAGAが起こる原因とは?

 

男性型脱毛症とFAGAのメカニズム、原因は同じです。
男性ホルモンの活性化によって男性の薄毛、脱毛の症状が起こりますが女性の薄毛、脱毛も男性ホルモンが影響しています。

 

男性ホルモンは男性だけに存在するものというイメージが名前からしても想像されがちですが、実は女性にも男性ホルモンが存在します。
女性の体の中にも男性ホルモンは男性よりも少ないとはいえ分泌されているんです。

 

しかし、女性は女性ホルモンの働きが優位で男性ホルモンの働きは弱くできています。
逆に、男性は男性ホルモンの働きが優位で女性ホルモンの働きは弱くなっています。
これは性別によって異なる体の仕組みによるものです。

 

 

通常、女性は女性ホルモンが多く分泌されているので男性ホルモンの働きは弱く抑えられていますが、年齢を重ねると男性ホルモンが活発になりやすい状態になります。
若いころは女性ホルモンの体内での量が多く、男性ホルモンの存在感はほとんどありません。

 

 

しかし、年齢を重ね40代、50代となっていくと女性ホルモンは減少し、豊富な女性ホルモンによって抑え込まれていた男性ホルモンが動きだし活発になりやすい環境になるのです

 

閉経する年代の女性は特に女性ホルモンが少なくなるので、FAGAになりやすいと言えるでしょう。

 

 

男性ホルモンが活発になると・・・

 

男性ホルモンは体内の5αリダクターゼという酵素と結合し、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質になります

 

DHTは髪の毛を作る毛母細胞という場所に髪の毛を作り出す司令を出す毛乳頭細胞と結合します。
毛乳頭細胞とDHTが結合すると、髪の毛を作り出す司令ではなく「脱毛を促進させる司令」を出してしまいます。

 

通常、毛乳頭細胞が正しく働いていれば髪の毛を作り出す司令を出しているのでハゲることはほとんどありません。
髪の毛を作り出す反対の「脱毛の司令」が活発に出されるようになってしまうのが男性型脱毛症やFAGAの原因なのです。

 

脱毛の司令によって髪の毛がどんどん減りますが、女性は男性ホルモンがもともと少ないのでDTHの量は男性とくらべて少しですから、女性のFAGAは男性型脱毛症のようにハゲ上がるほど酷い薄毛、脱毛症状が起こることはあまりありません。

 

 

FAGAは油断ができない

 

男性ホルモンの少ない女性は男性よりも髪のトラブルの症状は比較的穏やかですが、薄毛や脱毛を引き起こすDHTは「ハゲの原因」。
男性の頭をツルツルにしてしまう程の物質ですし、同じ物質によって起こるFAGAは油断できません。

 

FAGAの症状を放置していれば薄毛、脱毛が進行し部分的にハゲることもあるでしょう。

 

 

 

FAGAを女性用育毛剤で改善することは可能?

 

では、FAGAによって引き起こされている薄毛の対策として、具体的にはどのようなことを行えばよいのでしょうか。一般的な薄毛症対策と同様、育毛剤を使用すれば改善されるのでしょうか?

 

 

女性用育毛剤の使用でFAGAの進行を抑えることは、不可能ではありません。ただ、どの育毛剤でもよいというわけではありません。FAGAを抑える効果のある成分をきちんと配合している育毛剤を選ぶことが必要です。

 

男性用育毛剤には、通常、男性型脱毛症対策の成分が配合されています。
これが含まれていないアイテムを探す方が難しいでしょう。

 

 

しかし、女性用育毛剤の場合、FAGAに対応した成分が使われていないものもあります。
特に2,000円以内でで購入できるような、比較的安価な女性用育毛剤には、これが含まれていないことが多いんです。

 

どんなにすぐれた成分が配合されていても、FAGA対策の成分が入っていない育毛剤では、FAGAによる薄毛を改善することはできません。
ですから、購入前にきちんと成分表を確認して、FAGAのための成分が含まれているアイテムを選ぶようにします。

 

では、FAGA対策の成分とは、どのようなものがあるのでしょうか。

 

 

FAGAのメカニズムから考えて、次のような成分が効果的ということになります。

 

●女性ホルモンを活発にさせる成分
●5αリダクターゼとテストステロンがくっつくのを妨げる成分

 

つまり、FAGAの薄毛症状を防ぐためには、原因となっているDHTの生成を抑圧すればいいということになります。
FAGAには男性ホルモンテストステロンが関係しています。ですので、男性ホルモンの働きを抑えてやることが薄毛対策につながるわけです。

 

 

上でも説明していますが、男性ホルモンと女性ホルモンとのバランスは相対的なものですので、女性ホルモンを活発にすることで、男性ホルモンを抑えることができるようになります。

 

女性ホルモンを元気にするには、ヒオウギエキス、ダイズエキス、ホップエキスのような成分が有効です。

 

これらの成分が含まれている育毛剤は、マイナチュレ、ラサーナ育毛剤、ベルタ育毛剤、デルメッドヘアエッセンスなどがあります。
FAGAによる薄毛に悩んでいる女性は、これらのアイテムの中から選んでみるとよいでしょう。

 

 

さらに、FAGAによる薄毛をより効果的に抑えたいなら、5αリダクターゼとテストステロンの結合を妨げる成分も配合されているものを使いたいものです。
つまり、5αリダクターゼの働きを抑える成分ということですが、残念ながらこのような成分を使用している女性用育毛剤はあまり出回っておりません。

 

FAGAは男性型脱毛症ほども症状が激しくなく、女性ホルモンを活性化させるだけでも十分な効果が得られることが多いからです。

 

 

しかし、より確実にFAGA対策を行いたい場合、5αリダクターゼを抑制する成分が入っているものを選ぶ方がおすすめです。
実は、この5αリダクターゼに作用する成分が使用されている女性用育毛剤が一つだけ存在しています。

 

それが、マイナチュレなんです。

 

マイナチュレに含まれるオウゴンエキスという成分は、5αリダクターゼの働きを抑える効果が期待できます
オウゴンエキスは、男性用育毛剤にはよく用いられている定番的な成分で、育毛成分として信頼性が高いものです。

 

 

以上のように、本格的なFAGA対策としては、女性ホルモンを活発化することと同時に、5αリダクターゼの働きを弱めることが重要です。
そして、この2つを実現できる女性用育毛剤としては、マイナチュレのみということになります。

 

 

いかがでしょうか。FAGAの原因と対策について詳しく掘り下げてみました。結論としてまとめると以下のようになります。

 

■FAGAの症状は、全体に髪の毛が薄くなる傾向がある
■FAGAは女性ホルモンが弱まることで引き起こされる
■FAGA対策は、女性ホルモンを活発にする、5αリダクターゼの作用を抑える、という2つのアプローチが必要

 

 

FAGAによる薄毛をできるだけ効果的に抑えたいのであれば、マイナチュレ育毛剤がおすすめだということになります。
FAGAが薄毛の原因になっている可能性がある人は、まずマイナチュレを試してみてはどうでしょうか。

 

 

 

>>>マイナチュレトップページへ・・・