マイナチュレAmazon

女性と男性では薄毛の原因が違います

 

女性と男性では薄毛の原因が違うとよく言います。

 

男性の場合、髪の毛の生え際が後退し、頭頂部の毛が抜け落ちていくことが多く、
原因は、男性ホルモンにあることが多いです。
毛根部の細胞は男性ホルモンに弱く、男性ホルモンの影響を受けやすいのが、生え際と頭頂部になります。

 

女性の薄毛の原因は、ホルモンの分泌量の現象、過度なダイエットによる栄養不足、夜更かしや睡眠不足、ストレスや喫煙などによる
ヘアサイクルのバランスの崩れ、パーマやカラーリングなどの間違ったヘアケアなどが考えられます。

 

女性の場合、男性と違い、全体に髪が細くなっていきます。
女性の薄毛は、男性のように生え際が後退するのではなく、髪全体が薄くなっていくと言う特徴があります。
老化や外的要因から頭頂部が痩せ細っていくので、男性のようにツルツルに禿げることは滅多にありません。

 

女性の薄毛は、一時的にホルモンバランスの乱れから脱毛することもあります。
これは出産後によくある現象で、この場合は半年から1年くらいで元に戻ります。
女性と男性では薄毛の原因が違うので、育毛剤を使用する時は、それぞれ専用の育毛剤を使用する必要があります。